2013年05月02日

パパと面会〜当日〜

<パパと面会。娘への切り出しは0>

の続きです。

こんにちは、みりです。



離婚後初めてのパパとの面会日の様子。

離婚して約1年

当時、みり子は1歳なのでパパの記憶はない状態での面会でした。

10:00にディズニーシーでの待ち合わせ。

私たち二人は20分遅れて到着しました。

10時前に、モラ夫からチケット売り場に着いていると連絡がありました。

この先の会話は、も=モラ夫、みり=み、子=みり子で表現していきます。

み「ごめんね、迷っちゃった。」

も「あー久しぶり」

み「久しぶり」

遅刻したことをとがめることはなく、

すぐにみり子に

も「みり子ちゃん(^O^)」

と話しかけ、嬉しそうな笑顔を見せていました。

みり子は人見知りがあるので(男性に)

案の定、固まって目を合わせようとしませんでした。


とりあえず入場すると、目の前にミッキーの姿が!!!

ミッキー大好きのみり子なので

み「ミッキーいるよ!!見える??」

子「うん」とうなずいて

ベビーカーから抱き上げ、ミッキーの近くまで行って

見せてあげると、すこーし笑顔になりました。

その後も人見知りは続きモラ夫の問いかけには

顔を背け、答えるどころではありません。

み「人見知りだから、ゆっくりね・・・」

も「散歩するか!」

みり子が人見知りをしても、不機嫌にはなりませんでしたが、

何度もみり子を抱っこしようと試みては

拒否されてました(^_^;)

空気を読んだのか?抱っこは諦めて

ベビーカーを押してました。

そういえば、チケットは事前に購入してくれていました。

その後のショップでも

みり子が欲しがるものは全て買ってくれました。

帰り際には

も「みりは欲しいもの無かったの??」

とまで聞かれ・・・・

そんな太っ腹な姿は結婚してからなかったのでびっくり・・

というか、奇妙でした。

恋愛中は、わりと気前良かったことをフッと思い出しました。

あの日はディズニーシーに来れただけで(チケット代出してくれただけで)
幸せだよ。。。

なんて、可愛いこと言ってしまったけど、

どうせなら、買ってもらうんだったな・・と思います。

今更、気を遣うこともなかったのに。


話を戻しまして、そんなこんなでショッピングを満喫したり、

汽車や、船など、アトラクションに乗るうちに二人の距離も縮まってきたようで・・

気がつくと・・・

モラ夫の姿が見えない時に

「パパいないねー」

「ダディ、どこ?」

みり子がモラ夫のことを

パパと言ったり、ダディというようになりました。

二人共、「好きなように呼んでいいよ」と伝えると、

「ダディ」が定着し

2日経った今も、ダディと呼んで

時々思い出したことを

ポツリポツリと話しています。

そして、3時頃お昼寝タイムに入ってしまいました。

ベビーカーに寝かせようとすると、

モラ夫が抱っこ。。。

熟睡していて気がつかず抱っこされたまま

30分ほど歩いていました。

目を覚まして、抱っこしているのがママではないことに

気がついても、抱っこを拒否せず、しっかりつかまってました。

み「そろそろ帰ろうかな?」

も「バス停まで行くよ」

ベビーカーに乗せ歩き出すと

も「ずーっと見てる」

み「そうだね、朝は目を合わせなかったのに、慣れたんだね」
 「お別れがわかるのかね?」

み「ダディとお別れだよ」

子「うん、かえろうね」

み「そうだね」



バス停につくと、すぐにバスが来てお別れの時間になりました。

寂しそうな表情。。。

モラ夫も同じ顔。

私も同じ顔してたかな。

も「ばいばい。また会おうね」

み「ありがとう」

子「・・・・・」

そして、バスに乗り込み、手を振りました。

胸がギュウっと締め付けられました。

言葉ではうまく表せない感情でした。

みり子を愛してくれていることが伝わる1にちで、

私は嬉しかった。

もう一度同じ屋根の下に住むことは

決してないけれど

こうして3人で家族の時間を過ごすことは

嫌じゃないな。。。。

と思えました。

みり子にまたダディと遊ぼうね。と言うと・・・

「遊ばないよ」と言ってますが、

この日はそれなりに楽しかったのではないかと

思われるエピソードもあります。。

また、あらためてアップしようと思います。

応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
posted by シングルマザー'miri'〜まいっか星人です〜 at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2歳児の娘に面会をどう切り出すか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

パパと面会。娘への切り出しは0

<2歳児の娘にパパとの面会をどう切り出すか>

の続編になります。

こんにちは、みりです。

昨日、娘と父親の面会の日でした。

場所はディズニーシー。

チケット売り場で10:00待ち合わせでした。

Baidu IME_2013-4-12_4-58-19.jpg
父親に合わせるに当たり、

家を出発する直前まで

散々、悩み考えたのですが

みり子への説明は一切ナシにしました。

言ったのは

「ママのお友達と3人で遊びに行くよ」
「ママのお友達もみり子をとてもダイジ・ダイジに思っているから
一緒に遊びたいって( ´▽`)」

この二つだけ。



なぜ「パパに会う」と言わなかったのか??

説明をしなかったことは、父親であることを隠して会わせる

という意味でもないです。

年齢に合わせた理解力を考え、今のみり子にはパパの記憶がない

ということを確認した結果

パパという存在について、お友だちと関わる中でわかること

そして、1番は成長により気づいてくる時期に合わせて

説明していくことが

混乱なく理解してくれるのではないかな??

と考えたからなのです。

今の時点では、パパの存在というものが

従兄弟のパパ(ママの弟)

と保育園でいちばんの気の合う子の

ダディ

よく送り迎えをしていて関わりがあり、ハーフの子なので

「ダディ」と呼んでいます。

自分には、パパが家にいないことについては

まだ理解できてない

みんなにパパがいることも分かっていない

ので、

細かい説明は避けました。

いつか、この2点に気づいてきた時に

この2点について説明します。

その先の疑問、例えば「なんでパパと一緒に住めない?」

もっと先の「なんでママとパパは仲良くできない?」

などについても、成長と理解力を見極め

娘が疑問に感じていることは

きちんと説明していこうと思います。

応援クリックしていただけるととっても励みになります。

よろしくお願いします。


にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
posted by シングルマザー'miri'〜まいっか星人です〜 at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2歳児の娘に面会をどう切り出すか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする