2013年02月05日

離婚までの心の移り変わり〜完結編〜

心の移り変わりのブログを書いているうちに

過去の気持ちに押しつぶされそうになり

フラッシュバックに襲われてしまいました(><)

悪夢もここ最近は見なかったのですが、昨日は変な夢も見てしまい
嫌な気分です

でも、全ては過去のことだって割り切って気にしないと言い聞かせます。

本当に大好きな相手でした

だから、どんなに罵倒されたり召使のような扱いを受けても

少しでも優しい言葉や態度を見せられると心が動いて

やっぱり・・・好きなのか・・・・

と思ってしまう自分がいました。

でも、無関心への第一歩は

体への暴力・・・とは言っても妊娠前はたいしたことじゃない・・・

自分も悪いことしたのかもしれない。と思っていたのですが

妊娠中、出産後はそんな風には思えなくなってました。

ただ、DVの典型でひどい暴力のあと優しくなるので

何事もなかったかのように、毎日が過ぎていく感じでした。

里帰り出産のあと、モラ夫の家へと戻ったみりですが

その後の生活は地獄でした・・

赤ちゃんよりも自分(モラ夫)が主体でなければならない生活。

当たり前ですが、無理なのでモラハラモードが常にオン!

仕事から帰宅時、真夜中にもかかわらず「俺様のご帰宅」とばかりに

すごい音を出して玄関を開け閉めする。

その隣の部屋で寝ているみり子はビックリして目覚めるので

あやして、再び寝かしつけるのですが・・・・・

すぐに、みりが起きてこないことにイライラするモラ夫・・・・

このように、帰宅時からイライラしているので爆発するのもあっという間でした。

そして、ついに事件が・・・・何度お願いしても静かに帰ってきてくれないモラ夫に

みりが一言

「静かに帰って来てってお願いしてるでしょ!」

その後は省略しますが、皆さんのご想像通りです。

ぐずるみり子を抱っこしているにもかかわらず

暴力

みり子を必死で守ることしかできない自分。痛みなんか感じなくなってました。

その時、思ったこと

「この人は、みり子も前でも平気でひどいことをできる人なんだ、
赤ちゃんだって怖いことはわかるのに」

「みり子を守るために離婚しよう」

この日を境に情は一切捨てました。

私はどうでもいい、でもみり子に何かあったら・・と考えたら

再び情が湧いても、そのことを思い出すと

一瞬で「イヤ、もう無理、自分の子を傷つける人とは
いられない」「いてはいけない」

と思い直してました。

たとえ、直接の暴力がみり子になくても、こんな横暴な姿の父親を見て育っても
何一つ良いことはない。

モラハラの中で育つ子どもの心理状態を考えたら
絶対に抜け出さなくては。

親のせいで、みり子の心に傷をつけたくない。

父親がいない方が良い場合もある。

何があっても暴力はいけない。

などと、離婚しなければならない理由を肝に命じては

作戦を立ててました。

そして、1年で離婚の決着がつきました。

離婚までの1年は、みりは人では無かった気がします(恐)

心を鬼にして頑張りました、何度も何度も心が折れそうで

正直言うと、死にたい、、、と思うこともありました。

頭と心と体がどうにかなっていたのだと思います。

でも、調停はせずに済んだこと。これは作戦あってこそだったと思います。

必ず、明るい未来が待っている・・と信じて前に進むことだけを考えてました。

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
posted by シングルマザー'miri'〜まいっか星人です〜 at 16:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 離婚までの心の移り変わり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

離婚までの心の移り変わり〜2〜

〜1〜の続きになります。

どのようにみりが離婚を決意したかの心の移り変わりを
書いています。

相談センターには何回か足を運びました。
自分の住んでいる地域と東京都のセンターにも
お話をしに行きました。

何度も足を運んだのは、自分の元旦那が
モラルハラスメント加害者であること・自分がその被害者であること
がなかなか受け入れられなかったからです。

でも、多くの人に説得されるうちにモラルハラスメントを受けていることを
受け止められるようになってました。

「これは、モラハラではないですよね??」って繰り返し聞いてた気がします・・・

幸せ探しにも必死でした。

モラ夫にも、良い面があったから。

お休みの日は決まってお出かけして、
ゴミ出しをしてくれたり・・
お風呂を洗ってくれたり・・
洗い物をしてくれたり・・
家のことを手伝ってくれることもありました
仕事帰りにケーキをお土産で買ってきたり
寒くない??と気遣って声をかけてくれたり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
好きだと言ってくれる・・・・

どこにでもある幸せな家庭・・・

違うのは言葉の暴力・威圧的な態度

モラハラスイッチさえ入らなければ普通の生活が過ぎてゆく

しかし、モラハラスイッチはいつ入るか分からない

でもいつもじゃないし、その時さえ自分が我慢すれば済むし
離婚するほどではないのかな?なんて甘いことを考えていると

元旦那が帰宅すると、感じが違う。威圧的・・・
どうやらモラハラモードに突入しているらしく
何も話してくれないと思えば、悪口や文句が始まり
説教タイム・・・・
「なんでなんにもしない?」
「ほかの人はもっとちゃんとしている」
「先のことをきちんと考えているのか?」
「もっと大変な人はたくさんいる」
「楽してばかりいるな」
などと始まります。

いつも決まって主語がないので、何について言われているか
よくわかっていなかったのですが。

みりを否定していることは確かでしたので
いつも嫌な思い・悲しい気分にさせられてました。

相談に通いながら、モラルハラスメントだと意識しながらの
生活は苦痛以外のなにものでもありませんでした。

そして自分なりにモラルハラスメント関連の話題をネットなどで
見れば見るほどどん底へ行きました。

涙が止まらず、気がついたら声を出して泣いてることもありました。

だんだんとモラハラ言動もエスカレートしていくのもわかりました。

みりのことを奴隷や家来のようにしか見てくれてない
みりの存在は、モラ夫が生きてく上での便利ツールでしかない
モラ夫は人の痛みを理解することができない病なんだ

このように必死で自分に言い聞かせてました。

それでも、モラ夫を捨てる気にはなれずにいました。

そこで転機が訪れたのです。

これにより、離婚の決意が固まったと言えるかもしれません。

続きは〜3〜でお伝えします。

離婚したいのにできない人は、この辺を行ったり来たり
行ったり来たりを繰り返しているのだと思います。

マザー・テレサの言葉で
〜愛情の裏返しは無関心である〜

愛情の反対は、嫌いじゃないのです
無関心なのです。

その後、みりはモラ夫に対して無関心になっていくのでした。

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村

応援クリック待ってます☆彡
posted by シングルマザー'miri'〜まいっか星人です〜 at 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚までの心の移り変わり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

離婚までの心の移り変わり〜1〜


どうして離婚までいったか??

どのような心境の変化があったのか??

決意や覚悟を決められたのはなぜか??



離婚までの心の移り変わりについては、外部の人

第三者の意見が大いに影響していると思います。

まず、相談したのがいわゆる女性相談センターでした。

東京都の女性相談はこちらのリンクから見れます。

市区町村にも、役所内で相談できる窓口があります。

お住まいの市区町村名+女性相談と検索してみると
お近くの相談センターが調べられます。

ただ、モラルハラスメントの場合、認知度が高くはないので

相談に行って、自分の話が理解してもらえない・・・

と感じたら、他の場所に行くことをオススメします。

センターの方にモラルハラスメントを理解してもらうことが目的ではないので
理解していない人であれば、また時間のあるときに伺うなどと
伝えて帰りましょう。
きちんとモラルハラスメントを理解している方と相談することが大事です。



みりも離婚までに、何回か足を運びましたが、モラルハラスメントを
きちんと理解していない人もいました。

当初のみりは元旦那との結婚生活を上手くいかせるためのアドバイスを
していただきたくて行ったのです。

ところが、上手くいかせるどころか、すぐに距離を置いたほうが安全だと
言われてしまいました。

なんのこと??どういうこと??って感じで意味が分かりませんでした。

自分が元旦那にいたらないところがあるから、夫婦生活がうまくいかないのだと
思っていたので・・・・・

初めて相談したセンターの方はモラルハラスメントに詳しく正しい知識のある方で幸いでした。


そこで、詳しくお話を伺っていくうちに・・・・

みりはモラルハラスメントという言葉をセンターの方から
教えて頂きました。

「あなたが受けているのはモラルハラスメントと言われるものです」

と。

そして、具体的な元旦那の行動・言われた言葉と合わせて
モラルハラスメントとはどういうものかを聞きました。

自分の傷つけられた言動に対して、一つひとつモラルハラスメントである
理由をお話して下さりました。

何度も書いてますが、モラルハラスメントは精神的暴力であり
精神的苦痛を与えることです。

ひとりの人間として扱われていない、人権侵害にまで及ぶ程の
言葉の暴力であると。

結婚生活が上手くいかないのはみりではなく
元旦那に原因があることが分かったのです。

そう自分ではなく相手のせいで毎日辛い思いをさせられてた。

はじめは、みり自身が悪いと思っていたので
センターの方に説明されても
「でも、私にもいたらないとこもあるから・・・・」
と説明を繰り返してました。

でも違うことが少しずつ理解できてきたのです。

本当に一つひとつのモラ夫の言動を話して
責められるところが間違っているのだと教えて頂きました。

例えば、突然機嫌が悪くなることに関しては
通常のみりの考えでは、

「みりがなにか機嫌が悪くなるようなことしたかな?」と考えてました。

無言になって威圧的な態度で相手を脅すような雰囲気をかもしだす

↑この行為が間違っているとセンターの方は教えてくださりました。

気分が悪くなっても、お互いに話して解決していくのが健全なやり方なのに
↑のようなやり方は間違っている
それによって、あなたが精神的に辛いことがモラルハラスメントを受けている証拠なのだと。

このように一つひとつ本当に丁寧に説明してもらううちに変わったのです!

みりは悪くない!!

悪いのはモラ夫だ!!

だから毎日苦しかったんだ!!

辛かったのは人間扱いしてもらえていなかったからだ!!

変わるのはみりではない!!

変わるのはモラ夫だ!!

そう思えるようになるまで、みりの場合ですが

一人では無理でした。だから、第三者の意見が大いに影響していると書きました。

センターの方に説得された後も、モラ夫に責め立てられると・・・・

「みりが悪い・・・」のか??などと考えてしまうことが多くて

モラ夫に洗脳されていたので、洗脳から解かれるまでに時間がかかりました。

自分は悪くないのに我慢する癖が抜けなかったのも事実で、かなり心の葛藤があり混乱もありました。

まだこの時点では「離婚しなきゃ!」まで気持ちはいってなかったです。

その後の気持ちの移り変わりは後ほど〜

応援クリックありがとうございます。
更新の励みなのです☆彡よろしくお願いします!
このブログは何位かな〜?チェックがてらクリックしてもらえると幸いです
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
posted by シングルマザー'miri'〜まいっか星人です〜 at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚までの心の移り変わり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする