2013年01月29日

モラルハラスメント加害者の生い立ち

その多くが、幼いときに受けた心の傷が原因で性格が歪んでしまった人々。

同情されるような生い立ちがあり、それをよくしゃべります。

1、幼い頃に教わった不健全な人間関係を大人になってから再現しているか、

2、、自分が受けた精神的な暴力を、今度は加害者となって自分が繰り返しているか

そのどちらか。
とりわけ2の場合、
抑圧されたその心の苦しみによって、今度は自分が暴力を振ることになるケースは稀ではない。

実際、<自己愛的な変質者>のほとんどは、
子供の頃に<物>のように扱われたという経験を持っている。


それも<悪い物>として、両親の1人から捨てられ、放り出され、手荒く扱われた。
また、反対に、<人を思い通りに動かす>両親の1人から<価値ある物>として大切にされたのかもしれない。


これはどちらも精神的な暴力である。

元旦那・・・父親には3兄弟で1番のできそこない扱い
手に負えないから少年院に送れと言われたことを時折話していました

母親は息子の言いなり、3兄弟で1番可愛い、愛してると育てた

元旦那の実家へ行った時、不健全な家庭であることが伝わってきました

そしてまた、こういった侵略的な両親から身を守るためには、
<感情よりも知性を大切にし、何があっても心を動かされない、冷たく、非情な人間になるしかなかった
ということもあったのだろう。

しかし、だからと言って、その行為は許されない!

モラハラ渦中の人は、そんな可哀想な幼少期を過ごした相手を
必死に理解しようとしますが、←これがモラハラ

やめた方が自分のためです。

離れたあと、あ〜あんな可哀想な人もいたな・・・と

理解・・・というか同情するくらいがいいですね(笑)

モラ夫ファミリー摩訶不思議はこちら

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
posted by シングルマザー'miri'〜まいっか星人です〜 at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | モラルハラスメント加害者の生い立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする