2012年06月21日

公正証書ができるまで〜

内容が決まり公証役場にfaxして正式な文書に書き直してもらいますが、
2,3日くらいで出来上がります
その正式な文書の証書を再びfaxで確認し変更や間違いがなければ後は二人で公証役場に行きます
この時運転免許証と印鑑を持参します
締結後にその場で現金で証書作成代金も支払いますがカードは使えないので気を付けてください

miriは後で連帯保証人をつけたり変更などもあり、仕事をしながらのやりとりで3週間くらいかかりました

連帯保証人も出来ればつけたほうがいいです

ただ、相手に了承を得て
なおかつ印鑑証明書を送ってもらうこと、
出来上がった証書をfaxし割り印を押してもらい郵送にて返送してもらう
という手間が掛かりますあせあせ(飛び散る汗)
それでもmiriはそこまでやってでも連帯保証人をつけて良かったと思います

1度目の支払いから裏切られたので、すぐに連帯保証人の義母に連絡しました
義母が協力してくれたので救いでしたが、実際はそういうケースは少ないのかもしれません。

それでも公正証書を作れば旦那には支払の圧力はかけられます
普通の人ならば...でもモラ夫は平気で裏切りますからね
自分に都合の悪いことは全て相手のせいですから
そんな時は強制執行しましょう
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村


posted by シングルマザー'miri'〜まいっか星人です〜 at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公正証書ができるまで〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする