2012年05月28日

モラルハラスメントチェック2,3とみりのエピソード

1は言葉の暴力でした

それでは2,3を説明していきます


2:何でも人のせいにする


彼が何でも悪いことは人のせい(あなたのせい)にするならば、悪い兆候です。


モラハラ男はかんしゃくを起こしたり、あなたを口汚くののしったりしながら、「おまえのせいだ!」と罵ります。


彼が絶対に責任を負わなかったり、間違いを認めなかったりするのであれば、健全な関係であるとは言い難いです


これね、みりの頭がみりの心に向かって、「お前のせいだ!」って責めてるんよね。
健全な関係じゃないのは、目の前の人とではなく、自分との関係なんだよね。
だから、自分との仲直りを先にする、要するに、自分の感情を認めることをし始めると
この相手から、責められる現象が消滅するんだ


3:薬物やアルコールに溺れる


皆が皆そうというわけではありませんが、モラハラ男の多くは薬物を利用したり、アルコールを過剰に摂取する傾向があります。中毒になって、不適切な行動を引き起こすのです。


薬物であれアルコールであれ、乱用するとモラハラにつながり、結局人間関係が不幸になってしまします。




miri はこの2項目にも苦しみました


何でも都合の悪いことが起こると

おまえが〜〜だから俺が仕事を頑張れない 

やる気がなくなる だとかは口癖でした


とにかく支離滅裂で話のキャッチボールが出来ないので

悲しくなってきます


だんだん話をするのが嫌になりました



2018,5 追記

みり、人のせいにすることで自分を必死に守っていたんだよね。
悲しかったね、苦しかったね。
一人ぼっちで寂しかったね。

本当によく頑張ったね。

自己防衛をちょっと勘違いしていただけだよ。

話をするのが、嫌だったのは
自分の心から逃げていたから・・・


自分の怖さを感じるのが、怖くて逃げただけだよ。


この時は、どうすることもできなかったんだよね。本当によく頑張ったね。

でも、気がつけたんだね。

そう、支離滅裂、理不尽なのは、自分の心の叫びだったんよ。

心ちゃんが、「早く気づいて」って感情でサイン送ってる。
心ちゃんは、魔法も使えるから、その現象を起こしているのは
心ちゃんなんだよね。
幼い頃、同じ感情になった経験があってね、トラウマとか傷ともいう。

その感情になる現実を手を変え品を変えなんども引き起こしているのはね、

心が、その感情を認めて、受け入れて、ただ一緒に悲しんで欲しかったんよ。

否定せず、なかったことにせず、ただ、

「嫌だったね〜悔しかったね、そんなこというなんてひどいね」
「わたしがいるから大丈夫、一人にしない、ずっとそばにいるから安心してね」

って、言って欲しかったんよね。


こんな風に自分で自分を癒してあげると、もう2度と同じ感情になる現象を起こすことはないんだ。


でも、なんども、自分を自分が無視していると
何度だって、その現象を起こしては気がつかせようとするんよ。




何より、大事にすることは自分の感情


論理的で頼り甲斐のある、頭さん(ナイト)が
感覚の心ちゃん(姫)を認めてあげることなんだ。


相手のせいだ!何かのせいだ!
って感じるトキ
ちょっと、立ち止まって、あなたの感情に気づいてあげね。

今、
悲しんでる?
怒ってる?
喜んでる?

悲しみも、喜びも何かのせいじゃないよ。



ナイト(頭さん)の存在創ってあげるんだよ。

いつだってナイトは、姫(心ちゃん)の味方、一生死ぬ気で守るからね。

何かヒントになったら応援クリックよろしくね^^


にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ



posted by シングルマザー'miri'〜まいっか星人です〜 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | モラハラチェック2,3とみりのエピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする