2017年01月18日

離婚後約5年 子にママを守りたいと言われる母になっていた。。

数年ぶりのご報告
自己紹介
1980年7月10日生まれ
東京生まれ東京育ち
先生になるのが物心ついた時からの夢で
大学卒業後 幼稚園教諭になる

幼稚園教諭は楽しかったけど
なんとなくもっと楽しい事を探して
毎週金曜、土曜日はクラブ通いに明け暮れる
そんな生活を2年過ごした頃
クラブ通いで運命的な出会いをする
横浜で同棲生活スタート

横浜から東京の幼稚園に通う日々

そのうち2人して東京に引っ越し結婚

幼稚園はコトブキ退社

そして、出産

しかし、結婚式の二次会で旦那さんが
酒乱な姿をさらけ出し
その凶暴な姿に興ざめし
離婚を意識しはじめる。

式は妊娠6カ月の時だったかな。

出産と同時期に旦那さんの
美容室の経営2店舗目がスタート。

お付き合いしてる時に、高級住宅街に
1店舗目を出していたが
軌道にのらず借金まみれに。。

そこから、2人で借金返済をして、
昼夜働いて、リベンジを果たした。

この時期を乗り越えたからこその
結婚で、生涯を共にするパートナーと確信して
いたはずだったが、
旦那さんは2店舗目のオープン、私は出産と
2人の人生のビッグイベントが続けて
起こり、生活の変化に
お互いが自分しか見れなくなり

なんとも悲しい雰囲気になる。

お互いに余裕がまったくなくなり
幸せいっぱいの新婚生活どころか
地獄の生活がスタートする。

そして、
別々の道を歩む決意をする

この離婚、当時は
なんてことするの神様、
神様のバカと恨みまくりました。



お金に余裕がなくなり、
心にも余裕がなくなり、
旦那さんが大嫌いになったから。



何度か暴力もあって恐怖も重なり
とにかく離婚したかった。
そして、乳飲み子を連れ家出。

なかなか離婚の承諾がもらえなかった。

頼るあてもなく、というより
誰にも話せずに
しばらくラブホ暮らしをする。

お金も底をつき、体調不良になる。
もう動けない。

このままでは、赤ちゃんもわたしも死んでしまうと
思い、実家の両親に事情を説明し
実家へ潜り込む。


2人で話そうにも
すぐに声をあらげる旦那さん。

妊娠中にもかかわらず
蹴られたり突き飛ばされた記憶が蘇り、
たとえ
乳飲み子を抱っこしていても
怒れば我を忘れるのだろうと
対面で会うのは拒否し続ける日々。

それでは
一向に離婚届に判が貰えないので
意を決して
公園で会う約束をし、
懇願しました。
もう意志は固いし、揺るがないことを伝え
ついに離婚。

その時、娘は1歳半くらい。
結婚生活10ヶ月くらいだった。
お付き合いは5年してたんだけどね。

離婚もかなり悩んで一大決心だった、
不安で不安で
怖くて
もう死のうかな、ってくらい落ち込んでた。
軽く鬱だったかもね。

とはいえ、離婚できたら
生きようと思えたので
離婚できるようにあれこれ頑張った。


私は無職。
とりあえず、仕事しないと
お金もないし、
保育園も預けられなくなると
職に就けるチャンスも失いかけるので
早急に
近所のファミレスへバイトを決める。


1年間、ファミレスでバイトしながら
ネットでお金の稼ぎ方を調べてる内に
転売やら起業塾やら情報商材を知る。


最初はアフィリエイトで月に100マンの謳い文句の
情報商材を30マンで購入。
ブログをスタート。
しかし、なかなか稼げない。

次に同じアフィリエイトで50マンの塾に入る。
メールマガジンで課題がきたので
コンスタントにこなして卒業するものの
稼げない。
じぶんのASPとやらをパソコンの知識ゼロから
パソコンを購入して頑張ってみたが
思った様な稼ぎにならなかった、

そして、
女性が集まる塾に入塾。50マン。
ここはとても楽しくて、バリバリの営業上がりの女性が、営業力さえあれば食いっぱぐれないよって
色々教えてくれた。
半年コースの終了間際に、
紹介でとあるベンチャー企業の社長さんと知り合う。

そして、その会社へ入社。
女性起業塾で稼げてないことを話し
その理由に納得し、この社長から営業力をパクろうと
思った。
勤務時間、体制共に、子持ちのシングルマザーの条件もクリアしてくれた。
とにかくがむしゃらに営業しまくり、そこそこ営業もできる様になって部署異動。
今度は雑誌編集並びにイベント企画、講師の育成、
商品開発、企画となる。
雑誌編集は、勤務中には手をつけられず、帰宅後の作業となり、睡眠不足と過酷な労働が続く。
朝帰りも頻繁で、シングルマザーなのに子どもは
そっちのけで仕事づくしの3年間。
おかげで、ありとあらゆる経験はできたものの、
何か1つを極めることもなく、体が悲鳴をあげた。

昨年の夏、原因不明のめまい、
首が痛くて動けない、自分の頭さえ支えられない程の激痛に襲われたりし、一旦立ち止まる。

風邪でお休みをきっかけに
会社にいきたくなる。
風邪が良くなり、体は元気になるが
反して心がどんどん沈んでいった。

何のために仕事してるの?
何のために生きてるの?
何で生まれてきたの?

などを考えるようになる。

そして、谷底まで堕ちた。
堕ちても堕ちても底がなく、どんどんどんどん
沈んでいった。

もう、会社に連絡する気力もなく
無断欠勤となる。


無断欠勤中、同僚からの連絡と社長からの連絡。
なにをどう話したらいいのか分からず
電話もメールも一切無視するしかなかった日々。


しかし、
ふっと社長に、もう仕事したくないし、
何も考えられないと電話をする。


その後、こころも落ち着き
会社に復帰するものの、このままでいいのだろうか?
と自問自答し続けた。

体調不良の時に
心屋仁之助さんのブログと出会う。

なんだか、自分の中のモヤモヤして
出来なかったことが
書かれているようで
読み漁っていた。

そうする内に
少し心が軽くなり、会社に復帰できた。


そした、心に決めた。

休みたい時はお休みをもらう
やりたくないことはやりたくないと言う
など
今まで我慢して言えなかったことを
素直に出してみるようになった。


それでもだんだん会社を辞めたいと言う気持ちが
強まった。
売り上げ重視、効率重視、費用対効果を常に考えた仕事は私を追いつめていった。
このままだと、また体調を崩してしまうのではないか?
一度きりの人生、こんなんで後悔しないだろうか?

四六時中そんなことばかり考えていた。

そして、決定打となったのは、
娘が5歳にして早く大人になりたいと言った
その理由が
ママを守りたい

だった。
言葉か出なかった。

娘がママを守りたい、
ママがきっと大変そうにうつっているからだよね。

オトナになって
ママのお仕事手伝いたいと言う。

涙が溢れた。


もう、この、生活やめよう。


そう決心しました。



とはいえ、貯金もないし、
いくらかを株式会社投資してるくらいで
安心して生活するお金のあてもない。

そんなんで、やってけるんだろうか?
と頭をぐるぐる不安が駆け巡る。

そんな時、ハッピーちゃんのブログを知る。
また読み漁って、
そのとき、30人程の気になるブログも
読み漁っていた。

色々な生き方をしている人がいたが
共通点は
自分の世界は自分で創る
自分らしく生きようと頑張って変わろうとしている人たちの存在を知る。


いままで、ビジネスに特化していて
成果主義の世界にどっぷり浸かっていたので
全く目に入らなかった
心の世界。

あー、こんな世界があったんだ!
こっちの世界を昔から求めていた気がする、
この虚無感は、罪悪感のせいだったのか、
罪悪感なんて、そもそも持つ必要なかったのに
こんなにも自分を追いつめてしまっていたのか

と涙が止まらなかった。

とめどなく溢れ
溢れるままにしておこうと
ほっといたら、
そのうち
やっと、自分を生きれるような気持ちが湧いた。


そのころ、
9月下旬

会社を辞めたい、辞めようと思ったのに
なかなか言い出せず
11月中旬までかかった。

でも、その間
瞬間の直感で生きることを
毎日、実践することに夢中で楽しくなっていた。

でも、やっぱり成果主義の世界にいるので
どうしても、数字、締め切りはあるわけで
それが苦しかった。

自分の気持ちだけではどうしようもなくて
とくに雑誌の締め切り、校了日だけは
刻一刻と迫り来るので、いつもやらなきゃと
追い立てられる心境がつきまとっていた。

だけど、
そんな中でも、ハッピーちゃんのブログを
読んで3か月実践するうちに
ハッピーの引き寄せと
シンクロニシティが頻発するようになってきた。

少しの自信を取り戻したことで
退職する旨を切り出すことができたのかもしれない。

そして、翌日の11/15より出勤せず
12月末締めで退職となった。


11月の退職の話をした後、すぐに
群馬や出雲に旅行に行った。

大好きな温泉や自然に触れ、少しエネルギーも
復活できた。

昨年の夏の体調不良をきっかけに
人生が大きく変わりはじめた。

このとき、ふっと元旦那さんが夢に出た。
目が覚めた時、
感謝の気持ちが溢れた。
あんなに、大嫌いになったはずなのに。

あの私がキツかった時期
旦那さんもお店オープンして大変だったはずだけど
色々、わたしのためにしてくれてたね。
あの時、あなたがとる行動の全てが私の癇に障り
イライラしていたけど、
今思えば、全て私への愛のカタチだった。
今ならわかる。
だから、ホントにごめんなさい。
離婚に応じてくれたのもあなたの優しさだった。
いつだって私の夢をかなえてくれた。

久々にラインをして感謝の言葉気持ちを伝えたんだ。
凄く素直になれて、心が軽くなった。
元旦那さんも、おなじ様に
ごめんねとありがとうの気持ちだったという
タイミングもシンクロした。

で、3年ぶりに3人で
ディズニーランド行きました。

離婚して、5年経って
やっと2人のわだかまりもとけ
互いに許し合うことができました。

とはいえ、寄りを戻すとか
そんなんではないです。

新たな出会いを求められるように
なったと今ならハッキリ思えます。


そして、無職の年末年始を経て今がある。


こうして、
何にもしない日々が続いても
特にやりたいことはまだない。

やりたいことは、
自分を生きてみること!
毎瞬、毎瞬の自分の直感に従って
生きてみよう。

会社を辞めたら
新たな仲間もできた
ハッピーちゃんが好きという共通点があるため
心の世界の話しも心置きなく話せるカナヘイハート

シンデレラプロジェクトで
ひと月振りに再会したみんな。
みんなと
一緒に同じ方を向いてがんばれる仲間の存在は大きい。

来月は
ハッピーちゃんと仁さんの応援ツアー:.* ♡(°´˘`°)/ ♡ *.:
行くんだ! 

仁さんとハッピーちゃんは
私の人生の名脇役です笑笑

とにかく、沢山不安もある。
思考がね、まじでうるさいのよ。
お金どうするだとか、世間体だとか、
シングルマザーで会社を辞めたしね、
これからやりたいこともないしね、
かといってどこかに就職する気もない、全く。

だけど、
今を生きてみるの。

シンデレラプロジェクトでね、
たまたま占いしたらね、
二黒土星、六白金星って星をもってるんだって。
この星はね、努力家、縁の下の力持ち、勤勉家、誠実で純情な人なんだって。

努力できないと自分で思ってた、
飽きっぽい、移り気だから。
でも、根は違くて、ちょっと他の流されやすい方面が出ているだけなんだって。

今年は強運期にはいり、乾宮で援助者や資金に恵まれる歳との事。

ちょうど昨年は、
静観期で足踏みしてキツい時期だったって、
ドンピシャで当たっていたよ。
人生のバイオリズムを教えてもらえたことも
うんを味方につけるチャンスになったし、

少し前までは、人生の底辺くらいキツい時、
これからはそこから浮上してく時なんだって!
バイオリズム知ったから、勇気出たし、
とにかく頑張ってみる。

その占いでこんな素敵な言葉のプレゼントもらった



輝く笑顔は
みんなを幸せにする

かみさまからの
贈り物
希望を与える光の人

素敵な言葉。

ありがとうございます照れ










posted by シングルマザー'miri'〜まいっか星人です〜 at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック