2012年07月21日

miriってどんな人???

改めましてmiriのことをもっとよく知っていたたくために
自己紹介をします

32年間を語るのでちょっぴり長くなるかと思われますが・・

嘘です!

まだ32歳、そんなに長々と人様に語れるような人生経験はないです
それでは、早速いっきまーす!

「ま、いっか!」が口癖です

あぁっ!でも、投げやりな気持ちとか放棄しているのではありません

この言葉は魔法です☆

気持ちがすーっと切り替わり

いい方法やアイディアが生まれるような

前向きな気持ちになれるんです

「うそだ〜」と思った人は騙されたと思って試してみてください!

イヤ!騙されてください!!得しますよ!!

たった4文字でこのストレス社会から回避できます(ちょっと言い過ぎかな・・・)

そんなに単純なのは私くらいでしょうか・・・・?

まぁこんなに楽天的だったからモラハラ夫の被害にもあってしまいましたが・・・

自己紹介に戻りましてっと

東京下町生まれ&育ちの江戸っ子の”みり”と申します★
6月にモラハラ夫と離婚して今は1歳の女の子と実家の両親と4人暮らしです

miriの父もチャキチャキの江戸っ子で江戸っ子なまりなので

時々miriも怒ったときは江戸っ子口調になってます(笑)

なまりのイントネ〜ションが伝えられないのが残念ですが・・

ってそんなことあまり興味ないですよね〜

でもほんとに下町なまりってあるんですよ!!

それから幼稚園教諭&保育士もやってたので

職業病の口調も重なりしゃべり方には特徴があるらしいです

例えば・・・

え!?聞かなくてもよし!?(苦笑)

そんなこと言わずに1つだけ聞いてくださぁ〜い!!!

はい!!
・お茶碗の米粒やおかずを集めるとき・
「あつまれあつまれ〜」

おまけにもうひとつ

・移動するとき・
「あっちにお引越ししようね〜」

みたいな言い方が染みついていて

大人の会話でも時々言ってる自分がいます(恥)

同業者の方は心当たりがあると思います!?あと小さなお子がいる方・・・

前に触れましたがmiriは大学卒業後

幼稚園の先生でした

もう物心ついてから保育士さんになる!と七夕の短冊に書いてました

とても現実的な子でケーキ屋さんやお花屋さんといった子どもらしいものには

目もくれず先生=大人に憧れてました

なので両親や先生の言うことは

なんでも素直に聞いているタイプでした

が、しかし・・・

中学3年生あたりからグレ始めたのです(笑)

なんでも大人の言いなりになってる自分に嫌気がさしたのです

それからは自分の気持ちを言葉で伝えるようになり

やりたいこともやりました

はまったのがスノーボード

冬休みには山に行ったきり帰らなかったです

高いジャンプ台から跳ぶのが楽しくて

ひたすら練習してましたね〜

そんなwinterseasonを6年続けてました

さぞかし上達をしたかと思われるのですが・・・

そうでもなく、中の上くらいで

まぁまぁ上手だね〜とか女の子にしてはすごいかも〜

と言われるくらいで

スノボ熱は冷めました

熱しやすく冷めやすい所があります

その後は

クラブ通いにはまりました!!

クラブといっても学校の部活ではなく(部活はテニス部でした)

爆音のmusicの中踊るクラブです

音楽はジャンルを問わずなんでも大好きでしたので

始めて行った時から

「きゃ〜楽しすぎ〜」「こんな場所があったなんて幸せ〜」

と大はしゃぎしてました

でもそれは週末だけで

平日はしっかり先生してました

クラッシックもちょっぴり好きで

ピアノを4歳からやってます!

話は変わりますが180度くらい・・・


miriは昔から男見る目がなかったですね〜(笑)最近になって気が付きました

って31歳になって今更〜
と思われましたね?!もうすぐ32歳ですが・・・

自分でもアホだなぁって思うからいいですょ

いや、でもほんとにつくずく自らを苦労の道へと

導く天才でした

天才はおかしいか・・・

彼氏に選ぶ相手に共通するのが

借金があったりお金にだらしない人でした

そういう人がほっとけないというか、夢がある人の夢に乗っかるのが

好きでしたね〜

ほんとばかです

夢じゃ飯は食えん!!

ほどほどなら良かったんでしょう・・・きっと。

なので恋愛しててもお金には苦労してて相手のために

みっちり働いてました

相手のため〜何言ってるの(怒)

全然相手のためになんかなっておりません・・・



むしろ、駄目ンズにする天才でしたね〜

ってまた天才は変でしたが(汗)

そうじゃない人ともお付き合いしましたが

いたれりつくせりの女の子扱いが苦手で

1年長くて2年が限界でした

今思えば。

そういう人こそ結婚相手だったのに〜(涙)

と自分の愚かさに腹が立つのと同時に

当時の彼氏、ごめんなさいです

と申し訳ないですね、大事にしてくれてたのに・・・・


ってな感じがmiriの人生の1/3ですって

おいおい96歳まで生きる気かい!

そんなに長生きはできる気しないですが

横道それまくりですがmiriのプロフィールを

見ていただき感謝しています★



ここからはちょっと重くて暗い話です
次回に続く〜

posted by シングルマザー'miri'〜まいっか星人です〜 at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/282273992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック